印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 リモートワークを支援する「IoA Work」を試験提供、デジタルツイン・オフィスを構築

2021.2.12

「IoA Work™」コンセプト © Toppan Printing Co., Ltd.

「IoA Work™」コンセプト © Toppan Printing Co., Ltd.

凸版印刷はバーチャルとリアルを融合した新しい働き方を支援するサービス「IoA Work™(ワーク)」を開発し、2021年2月15日、試験提供を開始する。

「IoA Work™」は凸版印刷の「IoA仮想テレポーテーション」技術を用いて、利用者が働き場所となるオフィスをリアル空間とデジタル空間から自由に選択し、新しいリモートワークの環境を提供するサービス。コクヨが提供するパーソナルワークスペース「WORK POD®(ワークポッド)」を専用にカスタマイズした「IoA POD™」で利用することができる。オフィスはデジタルツインの概念を元に、凸版印刷が持つデジタルアーカイブ技術により、現実のオフィスと同様の「デジタルツイン・オフィス」がデジタル空間上に再現され、利用者は双方の空間に存在するアバター(利用者の分身)を行き来してリモートワークを行う。

「IoA Work™」は、コクヨがリニューアルオープンする自社ビル内の施設「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」(東京都港区)で、2021年2月15日から一般公開される。