印刷業界ニュース ニュープリネット

プロスパークリエイティブ パッケージやラベル印刷の特色の色校正も可能な「ネット色校正・グランカラー」を新開発

2021.2.9

グランカラー(基本セット)_CMYKデータ

グランカラー基本セット

印刷検査機器や絵柄面測色・色評価システム開発の株式会社プロスパークリエイティブは、昨年11 月に発表した「ネット色校正システム」に続き、同社の特許技術である絵柄の色数値評価技術をもとに、印刷発注者と印刷会社が、色校正をインターネットを介して非接触で行う「ネット色校正・グランカラー」システムを新開発した。これによりオフセット印刷やグラビア印刷、さらにフレキソ印刷、スクリーン印刷まで幅広い色校正に対応。美術誌、通販誌からパッケージ、ラベル印刷などにも有効な高色域のネット色校正システムとして完成している。

従来のオフセット用A3判対応「ネット色校正システム」も併売し、「ネット色校正シリー
ズ」として、 印刷会社の実情に合わせて活用の選択肢を増やした。

なお、同システム新開発に伴い、2月8日より体験デモを開始し、3月1日より新発売する。

 

グランカラー(比較画面)_RGBデータ のコピー

グランカラー の 比較 画面

「ネット色校正・グランカラー」は、CCD スキャナで色見本や色校正を入力したRGB 画像を、 独自の色変換エンジンと5000色チャートのプロファイルを使って、各種の印刷用紙や色材別の色域に色チャートのプロファイルを使って、各種の印刷用紙や色材別の色域に対応するL⋆a⋆b⋆値に変換するもの(特許技術)。
また、エックスライトやコニカミノルタの分光光度計の測色値を基に、同等の色差精度で色評価が行える。ネット間での色校正用に、「色校正指示書」も自動発行出来る機能も付けている。これを印刷営業がネットで顧客と共有して、専用のビュアソフトを使って、人の眼で見た色差に近い色基準で、“色見本と色校正紙”或いは“初校と再校”の、絵柄部分の色差を数値(ΔE,CMYK%)で確認できる。