印刷業界ニュース ニュープリネット

リコー 簡単操作で複数の拠点間の遠隔会議を可能にするクラウドアプリの提供を開始

2020.9.18

リコーは、他拠点間における複数対複数のテレビ会議を想定したクラウドアプリケーション「RICOH Unified Communication System Apps for Rooms」(以下、RICOH UCS Apps for Rooms)を9 月17 日から提供開始した。

RICOH UnifiedCSAforR

 

「RICOH UCS Apps for Rooms」は、主に企業の会議室や工場など、他拠点間における複数対複数のテレビ会議を想定したWindows®10 向けのテレビ会議用クラウドアプリケーション。同製品を小型パソコンやボックス型パソコンなどにインストールし、ディスプレー・カメラ・スピーカー・ビデオキャプチャーなどの周辺機器を組み合わせることで、専用機のようなわかりやすいユーザーインターフェース(UI)で、遠隔会議を実現できる。
近年、働き方改革による多様な勤務スタイルの拡大や新型コロナウイルスの感染拡大抑制のため、ニューノーマル(新常態)に対応し、それぞれの利用環境に合わせた最適なツールが求められている。「RICOH UCS Apps for Rooms」は、ソフトウェアとして提供し、周辺機器と組み合わせることで、小規模なミーティングスペースから中規模会議室まで、利用条件に合わせて最適なテレビ会議環境を構築できる。

RICOH UnifiedCSAforR機器構成

 

 

「RICOH UCS Apps for Rooms」は、クラウド上のRICOH UCS サービスプラットフォームを利用しており、既存のRICOH Unified Communication System 専用端末やRICOH Unified Communication System Appsとの相互接続が可能。アドレス帳から接続先を選択するだけで簡単に接続できるため、会議URL の発行や、デバイスの接続などの手間なくテレビ会議を開始できる。また専用機に搭載していたPC 画面共有機能 をサポート。管理者機能を有効にすることで、各種の設定変更に制限をかけることができ、汎用PC を使用した際のセキュリティーを担保する。導入時には機器の選定や、各種設定までリコーグループがサポートする。