印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキUSA フルカラー3Dプリンターで、スミソニアン研究所のプロジェクト支援

2020.3.3

ミマキ3DUJ-553プリンター

ミマキ3DUJ-553プリンター

大判インクジェットプリンタ&カッティングプロッタの大手メーカーであるミマキUSAは、米国スミソニアン研究所のプロジェクトをサポートする。スミソニアン研究所の一部である、メリーランド州ランドーヴァーのSmithsonian Exhibits(以降:SIE)のスタジオにミマキのフルカラー3Dプリンター3DUJ-553が設置される。

SIEはスミソニアン研究所および連邦政府の博物館や事務所と協力し合い、これらの機関が手掛ける展示の企画、制作、開発、設計を支援し、公的プログラムや研究目的の模型を製作している。SIEチームは、ミマキ3DUJ-553プリンターを使用するチーム初のプロジェクトを開始し、フルカラー3Dプリントでウィルスの模型を作成する。作成した模型はスミソニアン国立自然史博物館で現在展示中の「アウトブレイク:つながる世界の伝染病」展で展示され、来場者の関心を引くため極めて細部まで再現される。