印刷業界ニュース ニュープリネット

JAGDA 1日だけの学校「JAGDA SCHOOL KANSAI2019」を12月1日、京都で開催

2019.11.12

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、「JAGDA SCHOOL KANSAI2019」を、12月1日、京都女子大学で開校する。「JAGDA SCHOOL KANSAI2019」は、昨年のJAGDAイベント「JAGDA SCHOOL 2018」に続くもので、プロのグラフィックデザイナーが講師となり、グラフィックデザインを志す学生のポートフォリオを直接講評する1日だけの学校。今年は、教職経験の豊かな講師を迎え、より教育志向にシフトした内容となっている。


「JAGDA SCHOOL KANSAI2019」は、講師のデザイン教育や姿勢、それに伴う学生のアウトプットなどを知る機会とすべく、学生やデザイナーにとっても普段とは異なる視点に触れられる講演として例年以上に充実したプログラムを企画している。

講師には、大野 好之氏(㈱グッドマン代表取締役、嵯峨美術大学客員教授)、新海 宏枝氏(atelier shinkai グラフィックデザイナー)、高橋 亨氏(京都精華大学ビジュアルデザイン学科グラフィックデザイン 教授)、浪本 浩一氏(㈱ランデザイン 代表、成安造形大学 非常勤講師)、三木 健氏(大阪芸術大学 教授)を招く。

 

<「JAGDA SCHOOL KANSAI2019」概要>

日 程:2019年12月1日(日)間13:30〜18:10

 場:京都女子大学 図書館 交流の床 1Fホール(京都市東山区今熊野北日吉町35)

参加費:500円(ポートフォリオ講評&ディスカッション込み/見学のみも必要/JAGDAスチューデントメンバーは無料)

参加対象:グラフィックデザインを志す関西地域内の大学、短大、専門学校に在学中の学生参加人数20名(定員になり次第終了)  *見学のみの参加可 (定員20名/要参加費)

詳細・申込みは専用サイトから(http://kansai.jagda.or.jp/