印刷業界ニュース ニュープリネット

ダイナコムウェア ビットマップフォント定額ライセンスサービス開始

2017.1.12

Print文字フォント開発および関連製品の開発・販売・保守を行っているダイナコムウェアは、組込み機器に最適なビットマップフォントを定額で使用できる年間ライセンス「DigiType BMP(デジタイプ ビーエムピー)」のサービスを開始する。

 

「DigiType BMP」は、ユーザーが必要な時に自由にビットマップフォントを入手可能なライセンス。費用も搭載製品1機種毎となっており、ビットマップフォントを各サイズ・各文字においてどれだけ使用しても定額で使用できる安心のライセンスプランとなっている。

 

DigiType BMP書体デザインイメージ

DigiType BMP書体デザインイメージ

 

ユーザーは、必要な時に自由にビットマップフォントを入手可能で、書体パックの中から自由に書体デザインを選択でき、「必要な文字セット」「文字サイズ」「階調」を自由に設定可能。 データサイズが小さいバイナリデータ(RAW)形式でビットマップフォントが出力できる。

 

なお、DigiType BMP 書体デザインは、文字情報(別ファイル)との連携によりプロポーショナル対応などが可能。今後、さらに「デザイン性豊かな書体」「多言語」「記号」などを追加する予定。

DigiType BMP 動作環境は、Windows Vista(Service Pack 2以上)/7(Service Pack 1以上)/8.1/10 日本語版。販売価格は、ダイナコムウェア㈱第8営業部まで要問合せ。