印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパン・フォームズ ニューノーマルにおける情報伝達を安心・安全に 抗菌製品/抗ウイルス製品を展開し

2021.11.11

トッパンフォームズ‗抗菌印刷‗top

抗菌タイプの情報保護ラベル(左)と抗菌タイプ/抗ウイルスタイプのラベル付き多機能用紙(右)

トッパン・フォームズは、ニューノーマルにおける安心・安全な情報伝達の支援を目的に、ビジネスフォームやペーパータグなどの紙製品、カード製品、RFIDタグ製品などにおいて、抗菌加工/抗ウイルス加工を施した製品をそれぞれ開発し、12月から提供開始する。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって生活者の衛生管理への関心が高まっており、抗菌・抗ウイルス製品のニーズは急速に拡大している。特に不特定多数の人が触れるものや、医療分野に関わるものの衛生管理に関する需要が多いことから、こうしたニーズに幅広く対応するため、抗菌タイプ/抗ウイルスタイプの紙製品・カード製品・RFIDタグ製品を新たに開発し、衛生的な環境づくりに貢献していく。

 

img_284672_2

抗菌タイプのペーパータグ(左)と抗ウイルスタイプの紙カード(右)

 

紙製品としては、はがきに記載された個人情報の情報保護ラベル(抗菌タイプ)をはじめ、ワクチン接種クーポン券などに使用されるラベル付き多機能用紙(抗菌タイプ/抗ウイルスタイプ)、旅行やイベントなどの手荷物管理などで使用される「ペーパータグ」(抗菌タイプ)、健康保険証の送付などに使用される「紙カード」(抗ウイルスタイプ)の4製品を開発した。これらの4製品は、SIAA(抗菌製品技術協議会)の認証を取得し、展開していく。これにより、病院やワクチン接種会場、イベント会場などでの安全で衛生的な活動をサポートする。

img_284672_3

抗ウイルスタイプのカード製品

 

一方、カード製品、RFIDタグ製品は、SIAAが規定している抗ウイルス性能評価試験(ISO 21702)を実施し、抗ウイルス機能を確認した製品となる。カード製品では、ポイントカードや診察券などに使用されるシンプルなプラスチックカードに加え、磁気ストライプ付きカードにも対応が可能。今後ICカードも提供する予定としている。これらのカード製品は抗ウイルス機能の耐擦過性や、表面印字への適性も確保している。

img_284672_4

抗ウイルスタイプのRFID タグ(左)とRFID ラベル(右)

また、抗ウイルス機能を持ったRFIDタグ製品は業界初の製品となる(同社調べ)。近年IoTソリューションの導入が進んでいる医薬品・医療機器業界でも安心して利用できる。

 

抗菌タイプ/抗ウイルスタイプの製品の詳細は、紙製品およびカード製品・RFIDとも、それぞれホームページから紹介している。

紙製品の詳細    URL:https://solutions.toppan-f.co.jp/solution/28713/

カード製品・RFID製品の詳細 URL:https://rfid.toppan-f.co.jp/