印刷業界ニュース ニュープリネット

共同印刷 次世代コンソーシアム「WIC@LAB®」と伊藤忠ファッションシステム「ifs ナレッジ開発室」との共創で8つのSDGsペルソナを開発

2021.11.9

共同印刷ペルソナ‗top

共同印刷が運営しているマーケティング・ラボ「WIC@LAB(ウィカラボ)」と伊藤忠ファッションシステムが運営する「ナレッジ開発室」は、それぞれが所有するマーケティングデータを活用した共創ワークショップにより、8つのSDGs ペルソナを開発した。今後、合同セミナー、ワークショップなどを通してペルソナの詳細を発信し、参加者と共にSDGs インサイトへの考察を深めていく。

なお共同印刷の「WIC@LAB(ウィカラボ)」は、女性が意識していない、行動の動機・本音などのインサイトについて研究している。

 

女性の働き方が変化し、価値観やライフスタイルの多様化が進んでいる。コロナ禍においては新しい生活価値が生まれているが、なかでも環境や多様性などSDGs に関わる社会的なムーブメントが広がり、女性インサイトへの影響は大きいと捉えている。そこで、SDGs を生活者(女性)インサイトの視点から深く考察することを目的に、それぞれ性質の異なるマーケティングデータを保有する2社で、ペルソナ共創ワークショップを行った。

WIC@LAB が開発し、女性のアンケートデータを内蔵したマーケティングプラットフォーム「ペルソナキューブ®」に搭載している“SDGs ペルソナスケルトン”をベースに、伊藤忠ファッションシステム「ifs ナレッジ開発室」の所有する「世代」「気分」「見た目」分析データを合わせ、親世代&子世代のSDGs インサイト(気分)を的確に捉えた8つのペルソナを開発することができた。この8つのペルソナは、各社の会員に提供されるほか、セミナーやワークショップを通して活用し、SDGs に関わる今後の市場変化、未来社会の予測に役立てていく。

(“SDGs ペルソナスケルトン”とは、ペルソナキューブ2020 のデータをSDGs に関わる設問の回答データを軸に分析し、ペルソナ化したもの)

 

今後、WIC@LAB とifs ナレッジ開発室は、相互のデータを活用した研究を継続し、新たなマーケティング手法の創出に取り組む。当社はデータ利活用の推進によるマーケティング支援やプロモーション施策の拡大に取り組んでいく。