印刷業界ニュース ニュープリネット

RMGT 準備時間短縮とオペレーター支援を強化した枚葉オフセットの新モデル

2021.4.8

B1判タンデムパーフェクター8色印刷機RMGT 1060TP‐8/ 菊全判ワイド8色印刷機RMGT 1020V2TP-8

B1判タンデムパーフェクター8色印刷機RMGT 1060TP‐8/
菊全判ワイド8色印刷機RMGT 1020V2TP-8

リョービMHIグラフィックテクノロジー(RMGT)は2021年4月、優れた耐久性、印刷品質、操作性が高く評価されている枚葉オフセット印刷機のフラッグシップ機、RMGT 10シリーズのB1判「1050V1モデル」と菊全判ワイド「1020V1モデル」をバージョンアップした「1060/1020V2モデル」を発売する。

 

B1判片面4色印刷機RMGT 1060ST‐4 菊全判ワイド片面4色印刷機RMGT 1020V2ST-4

B1判片面4色印刷機RMGT 1060ST‐4
菊全判ワイド片面4色印刷機RMGT 1020V2ST-4

新製品は、商業印刷市場、パッケージ印刷市場に向け、さらなる生産性アップとオペレーター支援を強化した様々な新機能を開発し、採用。商業印刷用途としては片面印刷機ST、両面専用印刷機タンデムパーフェクターTP、片面・両面兼用印刷機PFの各タイプを対象とし、新開発の自動運転機能「スマートアシストプリンティング」(※1)をはじめ、目標濃度に素早く到達する新たな予測制御システ

B1判片面薄厚兼用6色印刷機RMGT 1060LX-6+DU+CC+2LD 菊全判ワイド片面薄厚兼用6色印刷機RMGT 1020V2LX-6+DU+CC+2LD

B1判片面薄厚兼用6色印刷機RMGT 1060LX-6+DU+CC+2LD
菊全判ワイド片面薄厚兼用6色印刷機RMGT 1020V2LX-6+DU+CC+2LD

ム、ジョブデータの自動並び替え機能(※1)、ブランケット洗浄時間の短縮など、既存モデルに比べて最大約70%(※2)の準備時間短縮を実現した。「スマートアシストプリンティング」は、画面のワンタッチ操作で複数ジョブの連続印刷を全自動で行える機能。用紙を抜き取ることなく自動で濃度調整、見当合わせが行える印刷品質管理システムPQS-D(※1)と連動し、小ロット連続印刷の稼働率の向上と省力化に大きく寄与する機能となっている。

 

パッケージ印刷用途としては、薄厚兼用印刷機LXを対象とし、給排紙性能を一段と高めパッケージ印刷の実速度域を大幅に向上(※1)。さらに、商業印刷用のST、TP、PFタイプで追加された準備時間短縮の機能に加え、印刷中に次の仕事の準備作業が並行して行える昇降式コーティングユニットを新たに装備できるようにし、パッケージ印刷の準備時間を既存モデルに比べて最大約40%(※2)短縮した。

 

この他にバージョンアップモデルでは、給紙部、排紙部の操作パネル、ボタン類、カバーデザインを総合的に見直すことで、操作性、アクセシビリティの向上を実現。また、1060モデルでは、用紙幅サイズをこれまでの1,050㎜から1,060mm(印面幅1,050mm)に拡大し、B5サイズの16面付け印刷など仕事の幅をさらに拡げる仕様とした。

 

(※1)オプション

(※2)RMGT社内スタッフにより効果測定した数値。オペレーターの熟練度や印刷条件によって数値は異なる。