印刷業界ニュース ニュープリネット

入社式:トッパン・フォームズ コロナ禍がデジタルの出番を増やした

2021.4.2

4月1日、トッパン・フォームズで入社式が行われた。代表取締役社長坂田甲一の訓示の要旨を紹介する。

 

【トッパン・フォームズ 代表取締役社長 坂田 甲一氏メッセージ】

「コロナ禍がデジタルの出番を増やした」

 

コロナ禍がいろいろなものを変化させているなかで、代表的なものがデジタル化の推進・促進ということだと思います。非接触・非対面の振る舞いが増えるということは、デジタルの出番も増えます。デジタルトランスフォーメーション(DX)を具体的に引っ張っていくのは、皆さんの世代が中心になっていくと思います。

 

DX とともに「グリーン」もキーワードだと考えています。地球環境の問題として、ビジネスレベルではSDGs(持続可能な開発目標)を認識してください。我々製造業にとって注視しなければならない項目をはじめとして17 の目標が記されています。日本政府がカーボンニュートラルの目標を2050 年に定めたことで活動が加速しています。ビジネスとして前向きに取り組んでいくべき課題だということです。

 

今年は創立56 周年。当社は半世紀を超える歴史を積み重ねて参りました。2050 年になると、皆さんはマネジメントの中心として活躍されている年代であり、トッパンフォームズはその時、創立85 年です。現在、紙と電子の二刀流(デジタルハイブリッド)を掲げていますが、その先の世界に向けて、若い皆さんに期待しています。

 

会社は人で成り立っています。人が実力を発揮するためには、こころとからだの健康が基本になります。十分留意しながら、友人・仲間を大切にしつつ、力を合わせてよい会社を作っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。