印刷業界ニュース ニュープリネット

福博印刷 検温と顔識別を同時に実施する「TAION manager」の提供開始

2021.3.11

AI技術を取り入れた仕組みづくりなども積極的に行っている佐賀の福博印刷では、登録した個人の検温数値を自動で管理ソフトに記録できる「TAION managerを開発した。

福博_TAION_top

「TAION manager」の専用サイトから

 

一般的にサーマルカメラは、検温結果を画面に表示し、基準体温を超えた方を判定するために設置されている。その一方で、関係者の検温結果を記録・管理したいという要望も多数あったことから、今回のソフトが開発された。

福博印刷が開発した「TAION managerは、検温対象になる人の顔の特徴を自律的に学習する顔識別AIをサーマルカメラと連動させることで個人照合を行い、専用のユーティリティソフトに検温結果を自動記録させることができるソリューション。これにより、初回の顔登録をしておけば、社員や生徒など、毎日の体温記録の管理を行う場合も効率的に管理できるようになる。

福博_TAIONについて

「TAION manager」の専用サイトから

 

なお、佐賀県「トライアル発注を活用したコロナ危機からのビジネス再建等支援に関する事業」の実施企業に選定され、佐賀県内6企業、施設に提供している。

今後は、設置後の利用状況を踏まえて、随時機能アップデートをおこなっていく予定。同社では、コロナ関連の各種補助金の利用も期待できるソリューションとして、広く提案している。

 

「TAION manager」について

https://www.ding.co.jp/taion_manager/