印刷業界ニュース ニュープリネット

【page】両毛システムズ 営業力強化! スマホで使える簡単操作の印刷見積クラウドサービスを発表

2021.2.1

PrinTact Cloud概要図

PrinTact Cloud概要図(クリックすると図が拡大します)

印刷業向けWeb型MIS(経営情報システム)「PrinTact」を幅広く提供してきた㈱両毛システムズは、印刷業の新しいビジネススタイルに対応する新商品としてPrinTactクラウド見積サービスを発表する。

 

クラウドサービスにより場所を選ばず、スマートフォンから簡単に見積を作成することができ、さらにその注文の受付と生産部門への作業指示まで行うことができるため、営業の業務負荷を大幅に軽減するとともに業務のスピードアップを実現する。Page2021オンラインではそのメリットを紹介する。

 

見積は、種類、サイズ、色数、頁数などの基本仕様を選択することで、簡単に作成できる。また、見積した製品イメージも画面上で確認できるため、見積仕様のミスを防止し、見積業務の標準化を推し進める。見積書は、PDFに出力されるため、出先やテレワークでもクライアントへメールで提示することができる。また、同様にクラウド上でクライアントへ見積作成とその発注機能を提供することが可能なため、簡易版「Web To Print」としても利用することができる。

 

さらには、受注の受付や作業指示書発行機能により、クラウド上から受注データの取込や生産部門への作業指示が行える。そのため管理部門や生産部門への情報連携スピードと精度が大幅に向上し、問い合わせや確認工数を削減することが可能となる。

 

「PrinTact Cloud」は従来のオンプレミス型のPrinTactと、シームレスに連携することができるため、PrinTactユーザーにとって業務効率の向上と営業力の強化につながるソリューションとして期待される。また、汎用の販売管理システムへは、受注データをCSV形式で連携することが可能なため入力工数の削減が見込まれる。今後は、生産設備とのJDF連携やワークフロー連携によ

るデジタル機、加工機との連携も視野に入れており、自動化・省人化へ向けた第一ステップとなる。

 

新たなソリューションは厳しい競争の中、低価格・小ロット・短納期の案件でも利益につなげ一層の受注拡大に貢献する。

 

PrinTact Cloudは、新しいビジネススタイルへの変革と業務効率の向上を実現するソリューションとして、印刷会社のビジネスの拡大を支援する。