印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキ 新ソフト搭載で操作性向上のテキスタイル向けインクジェット

2021.1.21

Tiger-1800B MkⅢ

Tiger-1800B MkⅢ

ミマキエンジニアリングは2021年2月、テキスタイル向けベルト搬送方式式インクジェットプリンタ「Tiger-1800B MkⅢ」の販売を開始する。

新製品は高品質プリントを実現する安定性と高精度なプリント技術を備えた「Tiger-1800B MkⅡ」に、新たにタッチスクリーン型の操作ソフトウェア「Mimaki Printer Controller」を搭載した新モデル。新ソフトウェアはマシン本体内蔵のPC にインストールされており、操作を開始すると、自動で起動しプリンタの設定や操作、出力指示をワンタッチで行うことができる。今まで起こりがちだったノズル抜けに対するトラブルも、ソフトウェアからノズルリカバリー機能を使うことで改善が可能。サービスマンの修理までの間にもプリントを継続できるため、ダウンタイムの軽減につながる。

最高プリントスピード385平方メートル/時の生産性と、低ランニングコストを実現する10 ㎏インクタンクによる長時間稼働の安定性を兼ね備えており、生産性重視の高速プリントから、美しさを求める高画質プリントまで、仕事に合わせてプリントスピードを選択することができる。インクの種類やプリントモードに合わせ、インクのドロップサイズを最大4 段階に打ち分けることができ、よりなめらかで美しいカラープリントを可能にした。