印刷業界ニュース ニュープリネット

金羊社 使いたいと思わせるオリジナルデザインのフェイスシールド「ファンシールド」発売

2020.9.7

FANCY X SHIELD【ファンシールド】

FANCY X SHIELD【ファンシールド】

金羊社は、TAKK PRODUCTIONと共同で開発した、観客用フェイスシールド「FANCY X SHIELD【ファンシールド】」を販売している。エンターテイメントビジネスの近くにいる企業だからこそ、という思いから誕生したフェイスシールドで、“フェイスシールドは買うものではなく、作るもの”という視点にたち、企業やイベントに合わせたオリジナルデザインのフェイスシールドを提案している。

 

FANCY X SHIELD[ファンシールド]は、シールド部とベルト部からなっており、シールド部分は透明度の高いPP素材で視認性も高く、柔らかいPP素材(厚0.2㎜)で割れにくい安全設計。ベルト部分は、オリジナルデザインによるプリント表現と、額に接触しないフィット感重視の設計で、水に強くてやぶれにくい、しなやかなユポ素材によるもの。安心、安全の日本製で、ベルト部のオリジナルのデザイン表現で演出効果も狙え、来場者の感染リスクを削減する。100セットから製作を受注する。

ファンシールド_デザイン例ベルトは、オリジナルデザインが反映できるだけでなく、内容違いのベルトデザインができるので、ユニークなヴァリエーションのある商品も提供できる。ベルト部分は有効活用して、QRコードを印刷することで、くじ引きやクーポン券にすることもでき、メルアド取得のためのプロモーション施策としても利用できる。

 

ベルト部は内容の異なるバリエーションあるベルトがつくれる

ベルト部は内容の異なるバリエーションあるベルトがつくれる

なお、同社と共同でFANCY X SHIELD[ファンシールド]を開発したTAKK PRODUCTIONの原拓也氏は、開発した想いについて、「コロナに向かい合い興行開催に向け日々対策を考えている皆様に、関係者、来場者、スタッフの方々に少しでも安心できる環境を届けたい。エンタメの中で生きてきた自分だからこそ、自分が身につけるアイテムならばこそ、これぐらいオリジナリティ、デザイン性がないと。私自身もフェスティバル制作、ライブ制作としての本業で早く活躍したい。こんな物は本来不必要、、、ただその日がくるまでは、、、。そんな想いで開発した商品になります。どうせつけるならファンシーに! そして欲しい、つけたいと思うアイテムに!」とコメントしている。

 

FANCY X SHIELD[ファンシールド]専用サイト https://www.fancield.com/