印刷業界ニュース ニュープリネット

共同印刷 インドネシアの現地法人が新工場竣工

2019.12.10

共同印刷は今年4月から建設を進めていた、インドネシア共和国の現地法人PT. Arisu Graphic Prima(アリス社)のカラワン工場が、このほど竣工したことを発表した。

新工場は、主に化粧品・医薬品向けの高品質ラミネートチューブを製造する。製造環境は日本と同等のクラス10万~30 万のクリーンルーム仕様とし、品質管理も日本と同水準を徹底する。環境面・品質面で最新鋭のラミネートチューブ製造工場という優位性を生かし、日系、欧米系、そしてインドネシアの化粧品メーカーはもちろん、医薬品や食品メーカーからの受注拡大を目指す。
同社は、東アジア地域の営業活動拠点である共印商貿(上海)有限公司、ベトナムにおけるラミネートチューブの製造拠点 KYODO PRINTING (VIETNAM) CO. LTD.と連携し、東アジア・ASEAN地域におけるネットワークをさらに強化していく。

新工場の稼働は来年1月からを予定している。