印刷業界ニュース ニュープリネット

日印産連 DNP・凸版印刷が初のGP工場認定取得

2019.12.10

発表する日印産連の小野常務

発表する日印産連の小野常務

日本印刷産業連合会の第56回グリーンプリンティング認定委員会が11月7日に開かれ、大日本印刷と凸版印刷が初認定された。日印産連は12月10日、東京都中央区の日本印刷会館で開いた記者会見で、大手印刷会社のGP認定取得で印刷産業全体の環境負荷低減がサプライチェーンで加速されると、GP認定制度のさらなる飛躍に期待を寄せた。

今回のGP工場認定は、SDGsの実現を考慮し、業界全体のサプライチェーンを推進するため、世界的な環境基準をクリアする工場を多く持つ大手印刷会社に対し、企業単位でGP認定が出来るようにした。審査は、GP認定制度が求める要件について、CSR報告書等による書類審査ならびに現地審査を行った。CSR報告書等の各種数値の妥当性については、監査法人による第三者審査を受け、保証されていることが要件となる。また、申請企業は認定範囲の工場・事業所を任意に申請できる。

 

今回新規認定されたのは大日本印刷が7事業所、凸版印刷が4事業所。認定部門は総合で、オフセット、シール、グラビア、スクリーン印刷の既存4部門のいずれかを生産する工場となる。

 

日印産連としては、環境に優しい業界を継続して推進すると共に、大手印刷会社のGP工場認定取得を機に、GP工場認定の認知度を高め、業界内のさらなる普及を目指す。