印刷業界ニュース ニュープリネット

富士フイルム 産業用IJコンポーネントの提供を開始

2019.10.29

富士フイルムは、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを「Samba JPC(Jet Press Component)」として、11月1日に発売する。

「Samba JPC」は、同社のインクジェットデジタルプレス「Jet Press750S」の基幹部品を提供するもの。産業用インクジェットヘッドのリーディングカンパニーである米国のFUJIFILM Dimatix社製の1200dpi、MEMSによる高精細プリントヘッド「SAMBA(サンバ)」を組み込んだプリントバー、画像処理ソフトウェア、ヘッドクリーナーなど9つのユニットをラインアップする。日米欧の印刷機メーカーや、インクジェット印刷装置のインテグレーター向けに販売を開始する。

 

今回同社が提供する「Samba JPC」を活用することで、ユーザーは、高精細な「SAMBA」ヘッドの性能を最大限活かした、高画質で信頼性の高いインクジェット印刷装置を短期間で開発することができる。プリントバーは10インチ(約25cm)と、30インチ(約76cm)の印刷幅2種類を用意し、さらに用途に合わせた印刷幅にカスタマイズして提供することも可能。また、ユーザーの要望に応じて、「Samba JPC」を同社製インクと組み合わせて提供することや、9つのユニットを単品から提供することもできる。

「Samba JPC」は、高精細なシングルパスインクジェット印刷装置を短期間で開発したい印刷機メーカーや、「SAMBA」ヘッドを使ったインクジェット印刷装置を開発中の印刷機メーカー、またはブランドオーナーの生産工程内に組み込むインクジェット印刷装置の信頼性を高めたいインテグレーターに最適なソリューションになる。