印刷業界ニュース ニュープリネット

キヤノン カラー機の新製品“imagePRESS C165”を発売へ

2019.9.12

キヤノンは10月上旬に、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、『imagePRESS C165』を発売する。

 

新製品は、商業印刷市場からオフィスまで幅広いニーズに応える印刷品位と用紙対応力を備え、多様な制作物の企業内印刷を促進するカラープロダクションプリンター。オフィス向け複合機並みに小さな設置面積だが、毎分65 枚(A4 ヨコ)の高い生産性を有す。パンフレットや名刺、ポスターなど、これまで外注していた販促物を必要な時にオンデマンドで出力することが可能になり、制作作業の効率化を図ることができる。

 

■新たに開発した紙搬送技術により高い表裏見当精度を実現

本体の給紙カセット内部に搭載した用紙位置を一定に保持するガイド機構、および新たに開発した紙搬送速度の制御技術により、大量印刷時にも、用紙の種類やサイズを問わず、印字位置のずれを抑制。例えば、両面のチラシのように表裏で印刷位置の正確性を求められる両面印刷で効力を発揮し、高品位な成果物を提供する。

 

■1,300mmの長尺紙や350g/㎡の厚紙など幅広い用紙に対応

最長1,300mmまでの長尺紙に対応し(片面印刷のみ)、店舗装飾用の長尺POPやポスター、A4六つ折りのパンフレットやブックカバーなどの出力が可能。350g/㎡までの厚紙に対応しており、名刺やグリーティングカードなど、重厚で高級感のある成果物を制作できる。また、大判プリンター「imagePROGRAF」シリーズで採用されている簡単ポスター作成ソフトウエア「PosterArtist Lite」に対応する。一般オフィス、小売、流通、サービスなど幅広い業種に応じた基本テンプレートを選択できるため、長尺POPやポスターの制作に関するスキルがなくても、手軽に企業内で制作することが可能になる。

 

■安定した色味により高品位で高精細な印刷が可能

「imagePRESS」シリーズは「Multi-D.A.T.(Multi-Density Adjustment Technology)」を共通で搭載しており、印刷中にリアルタイムで濃度補正する。大量印刷時も生産性を保ちながら色味の変動を抑え、高品位な成果物を安定して印刷する。また、190線や170線など多彩なスクリーン線数を用意し、高品位で高精細な画質を実現する。粒状感が目立たない滑らかな人肌の表現や、読みやすいくっきりとした文字の印刷が可能。

 

希望小売価格(税別)は320万円。

 

【問合先】キヤノンお客様相談センター 050-555-90053

imagePRESS ホームページ canon.jp/imagepress