印刷業界ニュース ニュープリネット

シャノン 日本郵政のDM印刷・発送とマーケティングオートメーション連携

2019.7.17

(クリックすると図が拡大します)

(クリックすると図が拡大します)

シャノン(東京都港区)と日本郵政グループのJPメディアダイレクトは、シャノンが提供するマーケティングオートメーションサービスとJPMDが新たに開発したDM(ダイレクトメール)の印刷・発送プラットフォーム『DM Connect』を連携させた『SHANON MARKETING PLATFORM DM Connect Plus.』(以下SMP)について、サービス開発や販促などのマーケティング活動を共同で実施することに合意した。9月2日よりサービスの販売を開始する。

DMは宛名管理・印刷・発送業務が煩雑で、発送後の効果測定が難しい。SMPを利用することで、DMの印刷から宛名印字、郵便差し出しまでがすべて自動化され、デジタルチャネルで特定した顧客へのDMの発送や、DMとeメールの複合施策も可能となる。さらに顧客ごとの個別情報や自動生成した二次元バーコード等の印刷も可能で、Web来訪やフォーム登録、商談化、受注などマーケティングデータを活用した効果測定も容易になる。また、JPメディアダイレクトのダイレクトマーケティングノウハウや、日本郵便の郵便・物流インフラ等を活用したサービスを加えることで、システムではフォローしきれない事務局運営等のBPOサービスなど、クライアントを支援するソリューションを提供する。