印刷業界ニュース ニュープリネット

【page2019】JOL 高速ラミネート機で付加価値向上を提案

2019.2.5

高速B1ラミネート機『Taulas 760SF』

高速B1ラミネート機『Taulas 760SF』

日本オフィスラミネーターはpage2019に、JOLの高速B1ラミネート機『Taulas 760SF』全自動高速ラミネーター『JOL Vega400A』を出展する。

『JOL Taulas 760SF』は、FOLLIANT社が誇る最高性能高速B1ラミネート機。オプションのパレットフィーダー+パレットスタッカーで毎分30m(B1)、1,700枚/時の加工作業を1人で行うことができる。6分割ドライ式カレンダーヒーターにより短時間暖気、高効率運転が可能で、ダブルサイドブロー、ウオークインサービス部、電動フイルムローダーマニュピレーターにより操作性にも優れている。

操作パネルはビジュアルを中心に極めて分かりやすく、簡単に操作できる。115~600g(四六版100~530㎏)の最高速度で紙捌きやブローのコントロールをよりスムーズに加工する。オプションでジョガー、パレットスタッカー、フィルムローダー、PETモジュール、全自動プリントユニットが選べる。

『JOL Vega400A』は最大用紙サイズが38×66㎝、四六四裁判・B3判に対応。最小紙サイズが20×30㎝でA4判、毎分18mの生産性を実現する全自動高速ラミネーター。オフセット印刷からデジタル印刷まで最も需要が集中するA3ワイドの用紙に対応する。

バキュームベルトの全自動フィーダー、大量積載可能なエアフィーダーシステムが薄紙から厚紙まで精度の高い安定した紙捌きを実現する。ラミネート部は大型機で使われている金属ローラーにより高品質に仕上げる。ラミネート加工速度は毎時2,000枚、もしくは毎分18mで、デジタル出力の大量加工にも対応。オフセット紙・デジタル紙の両方が可能な微調整付き2ウエイリカールバー、正確なオーバーラップシステムが、熱効率の良い超鏡面仕上げの上側金属ローラー、テフロン汚れ防止ローラーと相まって、安定した美しいラミネートを保証する。

高出力バキウムポンプと小型コンプレッサーを架台部のマシンフレーム内に納めたデザインで、本格的な高性能により、A4からB3までのオフセット印刷やデジタル印刷のラミネート、小ロットから大量ロットまですべての用途に適している。