印刷業界ニュース ニュープリネット

IGAS2015 三菱製紙 完全無処理CTPアルミプレート「サーマルグリーンプレート」

2015.9.17

三菱製紙サーマルグリーンプレートシステム

三菱製紙サーマルグリーンプレートシステム

三菱製紙㈱はIGAS2015でサーマルグリーンプレート「TGP-ε(イプシロン)」を発表した。高感度、微粒子分散技術による高速現像で汚れに強く、製版・印刷でハイパフォーマンスを実現する完全無処理CTPのアルミプレート。機上現像型プレートで処理液を使用せずに廃液も発生しないことから環境負荷を低減する。完全無処理の実現により、処理液、廃液処理コストを発生させず製版コストを軽減。また自動現像機を必要としないため、液交換や清掃等の作業がなく、メンテナンスの負担が大幅に軽減する。

プレートはアルミと感光層からなり、レーザーを照射された部分の感光層が重合反応により硬化し、画像部として使用する。画像形成方式は重合型(ネガ版)で露光光源はIRレーザーを使用、耐刷は5~10万枚、FM適性を備えている。