印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 クラウド活用し、印刷仕様による色調の違いをディスプレイ上に再現

2018.11.6

凸版印刷は、培ったカラーマネジメント技術を活用し、印刷をする用紙の種類、印刷方式、インキの色を指定するだけで、最終印刷物の仕上がりの色調をディスプレイ上で確認することができるカラーマネジメントクラウドサービス(以下、CMSクラウド)を開発し、11月から運用を開始する。

カラーマネジメントとは、ディスプレイやプリンタ、印刷物など異なるデバイス間で色の調整を行い、表示色の統一を図るための技術。印刷に使われる様々な機器と実際に本生産で使用される印刷機の色のズレをなくすために、カラーマネジメントに基づくデジタル処理や画像変換などの調整を施し、色校正に活用してきた。

CMSクラウドは、プロセスカラーだけでなく、特色にも使用できる高精度なカラーマネジメントエンジンを、クラウドサービスとして提供するもの。これまで生産現場で培ってきた技術やノウハウを活用し、オフセット印刷、グラビア印刷など幅広い印刷方式の色を再現でき、チラシ・カタログをはじめ、雑誌や書籍、包装材などの印刷に対応している。さらにクラウドサービスとして、国内外の複数拠点で利用可能な色校正システムとしても運用できる。

具体的には、印刷方式や使用する用紙などの条件を入力することで、システム内部でカラーマネジメントエンジンがプロファイルを作成。レイアウト済の紙面PDFデータをアップロードすることで、ディスプレイ上で実際の最終印刷物と同じ色調が表現される。

カラーマネジメント(CMS)クラウドサービス

カラーマネジメント(CMS)クラウドサービス