印刷業界ニュース ニュープリネット

HP 「HP Jet Fusion 3Dプリンティング ソリューション」向け造形材料を拡充

2017.12.4

日本HPは、3Dプリンター「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」向けに、今後新たに3種類のHP製の造形材料を追加することを発表した。

3dprinter_hp_jet_fusion_3d_3200_solution_capHPの3D オープン マテリアル&アプリケーションラボで開発された新材料は、HPの3Dプリンティング技術 「HP Multi Jet Fusionテクノロジー」の利用や可能性を広げ、新たな大量生産 アプリケーション分野を切り拓くもの。HPの造形材料は業界トップの再利用率が特長で、すべての 「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」で利用できる。

 

新材料は、次の3種。

① HP 3D High Reusability PA 11

補綴物、インソール、スポーツ用品、スナップフィット、 リビングヒンジなど、耐衝撃性と延性を備えた低コストかつ高品質の機能性パーツの生産向け

②HP 3D High Reusability PA 12ガラスビーズ

寸法の安定性と再現性を備えた、低コストかつ高品質な機能性パーツの造形向け。エンクロージャやハウジング、型、ツーリングなど、高い剛性が求められるアプリケーションに最適

③HP 3D High Reusabilityポリプロピレン

耐薬品性に優れ、軽量で、防水性を備えた 柔軟性をもつ、低コストの耐久材料