印刷業界ニュース ニュープリネット

全日シール協組 メーカーへの対応配慮と、シール・ラベル製品発注へのお願いについて発信

2021.11.22

全日本シール印刷協同組合連合会は、原材料メーカーより今秋以降近年の景気低迷等による原材料コスト増、配送料の高騰などを理由に「価格改定の通告」が、同連合会傘下の組合員企業に続々と届いており、対応に苦慮していることを受けて、「価格改定」の妥当性について臨時理事会を招集して検討を重ねてきた。

その結果、中小企業庁では、今秋(9月)を「価格交渉促進月間」に設定し、取引価格の適正化を推進していることも考慮し、メーカー(協賛会個別会社)宛には「価格改定における個社対応上のご配慮に関するお願い」を、顧客先宛には「シール・ラベル印刷製品ご発注に関するお願い」を、それぞれ全日シール印刷協同組合連合会および傘下組合の連名で発信することを決めた。

 

今後は、同連合会役員と、全日シール印刷協賛会役員とで、「定期的な情報交換をする場」を設けて、意思疎通を図りながら、より良好な運営をしていくとしている。