印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 東京都で使用済み紙おむつリサイクル事業の実証実験を開始

2021.11.15

凸版印刷は、水処理事業を行う住友重機械エンバイロメントと、 紙おむつのリサイクルシステムを国内ではじめて構築したトータルケア・システムと3社で「完結型マテリアルリサイクルシステム」の事業に向けた検討を行っているが、この度、同システムと廃棄物事業を行っている白井グループのAI配車システムをあわせた実証実験が、 東京都共同事業「家庭用紙おむつの効果的回収と完結型リサイクル事業」に採択された。これにより、2021年11月より八王子市と町田市において、 紙おむつの回収から再生された製品の再利用までの事業性を検証する。

凸版‗紙おむつmain

東京都「使用済み紙おむつのリサイクル実証実験」のフロー図

 

今回の実証実験は、八王子市と町田市において一般家庭から排出される使用済み紙おむつを分別回収し、紙おむつに使用されているパルプとプラスチックを再生原料にリサイクルする「完結型マテリアルリサイクルシステム」の事業性を検証するもの。特に、分別回収のルート設定にAIを使用したルートの検証と、広域回収をした場合の試算、紙おむつのリサイクルを行う際に発生する排水の処理についても検証を行っていく。

リサイクル処理後の再生パルプは、建築資材の原料(外壁材、内装材等)として有効利用し、プラスチック材料は紙おむつの回収袋や回収箱として再利用する。2021年11月より紙おむつの回収を開始し、2022年3月に社会に有益な材料として資源循環する予定。

同事業における4社の役割は、実証実験の主体事業者である凸版印刷は、全体のマネジメント、再生資源を最適にアップサイクルするためのプロセスコントロール、用途開発、販売を担当。住友重機械エンバイロメントは、水溶化処理設備のプラント設計および施工を、トータルケア・システムは使用済紙おむつのリサイクル技術・ノウハウを提供し、白井グループはAIを活用した経済的回収システムを構築する。