印刷業界ニュース ニュープリネット

大東化工 「ダイトー謄写技術資料館」としてリニューアルオープン

2021.8.5

ダイトー

リニューアルオープンしたダイトー謄写技術資料館

岐阜県の大東化工は、展示施設「謄写技術資料館」の開館20周年を記念し、7月27日、「ダイトー謄写技術資料館」としてリニューアルオープンした。

 

同社は、創業から80年以上にわたり謄写版の版となる原紙を製造するメーカーとして、謄写印刷技術の歴史に携わってきた。同社が社会の中で歩んできた道程を振り返ることで、未来に向けての指針をより明確なものとするシンボルとして、2000年に「謄写技術資料館」を開館した。館内には、歴代の謄写版やタイプライターなど、同社が関わってきた情報機器や道具、印刷物を展示するとともに、様々な分野の人々が集い、交流できるスペースとして活用している。

ダイトー2

昭和の小学校教室をイメージ

 

この度のリニューアルでは、「謄写印刷のしくみ」・「謄写印刷から軽印刷の歴史」・「大東化工のあゆみ」コーナーに展示内容を再編集した。さらに、謄写技術を象徴するシンボル展示を新たに設置。展示されている「和文タイプライター」については、実際に機器を操作して打刻印字する様子を見ることができる。
今回のリニューアルを機に、同社が平成時代まで使用していた食堂を改装し、昭和の小学校教室をイメージした新展示ブースを設置した。今後は、このブースを利用して謄写印刷や和紙加工に関連する企画展示やワークショップも開催する予定。

 

「ダイトー謄写技術資料館」について

所在地:岐阜県岐阜市折立364-1 (大東化工株式会社 本社内)

開館時間:平日 10時~16時

料 金:無料 *要事前予約(Tel.058-239-1333)