印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 「オンライン施設見学ソリューション」を大幅アップデート

2021.6.14

凸版印刷は、工場・ショールーム・博物館・美術館などの施設見学をオンラインで行う「オンライン施設見学ソリューション」を2020年6月から提供しており、この度、アップデートし、今年6月11日より提供を開始した。
今回のアップデートでは、事前に作成した施設内の360°映像や作業員の主観映像といった臨場感のあるコンテンツとともに、リアルタイムで参加者の反応を可視化する機能を追加し、双方向のコミュニケーションを図りながら、オンライン上でライブアテンドを行うことが可能になる。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、様々な見学施設が営業自粛やイベントの延期・中止に追い込まれるなか、各施設は従来の見学や体験、コミュニケーションの手法を見直し、新たにオンライン工場見学などのLIVE配信型の体験サービスを実施している。しかし、ライブ配信の実施では案内・説明者や撮影者などスタッフの運用負荷や、施設内のインターネット環境整備などの物理的な課題、さらには参加者の反応が読めず一方的なコミュニケーションになってしまうといった課題があった。
こうした課題に対して、これまで培ってきた様々な体験・コミュニケーションの設計ノウハウ、映像の企画・制作やオンラインスタジオの構築・運用のノウハウを活かし、「オンライン施設見学ソリューション」をアップデートしている。事前に撮影したVR映像をはじめとした映像コンテンツとオンライン配信を組み合わせるとともに、感情確認デバイス「GX(Good Xperience)–ボタン」を活用してリアルタイムで参加者の反応を計測することで参加者のニーズに合わせた配信を可能とする。

 

main

(左)360°VR映像イメージ(右)360°VR内埋め込み映像イメージ

 

アップデートした内容は、事前に撮影した360°VR映像や作業員の主観映像などのコンテンツを用いることができるようになり、カスタマーエクスペリエンス(CX)を向上する。また、オンラインでは把握することが難しい参加者の反応を、感情確認デバイス「GX-ボタン」でリアルタイムに計測できることから、参加者のニーズをLIVE配信に反映することが可能になった。