印刷業界ニュース ニュープリネット

タイガ OPEN HOUSE 2021新春展を1月12日から23日まで事前予約制で開催

2020.12.19

岐阜の機材商社である社タイガは、2021年1月12日から1月23日までの2週間にわたり、岐阜市茜部本郷の本社ショールームで「タイガOPENHOUSE2021新春」展を開催する。会期中は、出展メーカー30社による常時展示と期間展示機を展示・実演する。

来場は事前に同社担当者ならびに事務所に問い合わせによる予約制にするなど、三密を避けた万全の感染予防策で行う。

 

タイガ

常時展示の内容は、コニカミノルタジャパンからはデジタル印刷システム、デジタルラベル印刷システム、印刷通販作成ツール、名刺受発注システムを、グラフテックからはフラッドベットカッティングシステムおよび3Dプリンターを出展。さらにアコブランズジャパンのデスクトップラミネーター、桜井のレーザー加工機、コスモテックのハイプレッシャー加湿装置、ジェットグラフの昇華転写メディア、兼房は断裁刃のキャンペーンを展開。

期間限定の特別展示は、1月14日と15日はホリゾンの新製品無線綴じ機「iCE BINDER BQ-500」、ロータリーダイカットシステム「RD-4055」、除電式紙揃機「PJ-200」、JDFワークフローシステム「iCE LiNK」が出展。また22日と23日は、正栄機械製作所による“正栄紙折機で作るマスクケース”を披露。15日と16日には、ウチダテクノが帯掛機「テーピットWX-P」を出展する。

その他、完全オーバーホールの印刷機、製本機の特設コーナーも設置する。

 

【開催要項】

・開催期間 2021年1月12日(火)~23日(土)

・会場 株式会社タイガ本社 1Fショールーム(岐阜市茜部本郷1-24)

・電話 058-271-0683