印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキエンジニアリング 1000万色以上の小型フルカラー3Dプリンタのエントリーモデル発売へ

2020.11.6

小型フルカラー3D プリンタのエントリーモデル『3DUJ-2207』

小型フルカラー3D プリンタのエントリーモデル『3DUJ-2207』

ミマキエンジニアリングは2021 年1 月、1,000 万色以上のフルカラー造形を実現する小型フルカラー3D プリンタのエントリーモデル『3DUJ-2207』の販売を全世界で開始する。

新製品はUV 硬化インクジェット方式で1,000 万色以上のフルカラー造形を実現する3D プリンタ。一般的な石膏方式に比べて約2 倍の高精細な色表現を実現する。本製品は小型設計で、本体を分解することなくエレベーターを使って搬入できる上、設置面積が狭く静音設計で脱臭機を備えているため、オフィス環境に設置することができる。

各メーカーでは開発中の新製品を試作する際、形状はもちろんのこと、色彩のイメージも素早く形にできる環境が求められる。新製品はフルカラーで出力ができるため、着色の手間を省いた試作品をオフィスですばやく造形し、内製化することが可能。外部に発注する必要がないことから、新製品や設計・技術情報の漏洩リスクを低減する。

同社ではメーカーを中心に教育、建築、医療、デザインオフィスなどでの試作品や模型の制作用途に加え、小サイズ・小ロット造形が求められるフィギュアや各種グッズなどの最終製品の制作用途で、需要開拓を進めていく。

UV効果型インクジェット形式と石膏式との違い

UV効果型インクジェット形式と石膏式との違い(クリックすると画像が拡大します)