印刷業界ニュース ニュープリネット

ホリゾン 「三方断裁機iCE TRIMMER HT-300」、「4クランプ無線綴じ製本機iCE BINDER BQ-500」を発売

2020.10.16

ホリゾンは2020年10月中旬から、「三方断裁機iCE TRIMMER HT-300」と、「4クランプ無線綴じ製本機iCE BINDER BQ-500」の販売を開始する。

 

三方断裁機iCE TRIMMER HT-300

三方断裁機iCE TRIMMER HT-300

 

【三方断裁機iCE TRIMMER HT-300】

バリアブル断裁に対応し、無線綴じ製本機とのインライン接続による完全自動化を実現した最高300サイクル/時の三方断裁機。断裁時に使用する回転テーブルは、冊子を任意の角度に回転させることができるため、通常の三方断裁に加えて小口側の角を斜めに断裁することや、冊子の表 紙をガイドでめくり本身のみを断裁する雁垂れ製本冊子の断裁が可能。搬出コンベアCV-300との接続で、数冊まとめて断裁した冊子を、搬出部で最大102mmの高さまで積み重ねて搬出することができる。単体で使用する場合は、最大300mmの高さまで積載可能なサッカー給冊ユニッ トと、搬出スタッカーを装着することで高い生産性を実現する。次世代製本ワークフローシステ ムiCE LiNKにも対応し、拡張性に優れている。(2020 年グッドデザイン賞受賞。)

 

4クランプ無線綴じ製本機iCE BINDER BQ-500

4クランプ無線綴じ製本機iCE BINDER BQ-500

【4クランプ無線綴じ製本機iCE BINDER BQ-500】

小ロットや、1冊ずつ厚みの異なるバリアブル製本に対応する高速なセット替え機能を備えた4クランプ無線綴じ製本機。厚みに応じて糊の塗布量や、ニッパー高さを自動で調整する機能を備え、容易なオペレーションで1冊ずつ厚みの異なるバリアブル製本を、最高800冊/時で仕上げ ることが可能。専用タンクの使用でEVA製本に加え、PUR製本にも対応している。次世代 製本ワークフローシステムiCE LiNKに対応し、開発中の本身給冊装置LBF-500や、寒冷紗供給装置GF-500、見返し供給装置ESF-1000と接続することでオートメーション化を実現する拡張性 の高い無線綴じ製本機。