印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 「印刷博物館20周年記念リニューアル内覧会」を開催

2020.10.5

印刷博物館の樺山館長

印刷博物館の樺山館長

凸版印刷が運営する印刷博物館(東京都文京区水道)は 10月7日(水)、開館20周年を迎え、周年事業として常設展を中心とした施設を刷新し、10月6日(火)にリニューアルオープンする。

リニューアルオープンに先立ち 10月5日(月)、「印刷博物館20周年記念リニューアル内覧会」を開催した。

 

内覧会の冒頭、凸版印刷の麿秀晴社長は「累計来場者数65万人を超える印刷博物館はこのたび、20周年を機にリニューアルする。20年間の成果として立ち上げる『印刷文化学』をご覧いただき、社会の歴史の流れを感じていただきたい」と挨拶した。

凸版印刷の麿社長

凸版印刷の麿社長

樺山紘一館長は「私たちはこれまで『専門性』『国際性』『公益性』の3点を基本のスタイルとして努力を傾けてきた。これからもたゆむことなく活動を続けていく」と所信を表明した。

 

引き続き、凸版印刷の金子眞吾会長、麿社長、樺山館長、印刷文化学検討委員の岩切信一郎氏のテープカットで開会した。

 

 

 

左から岩切氏、金子会長、麿社長、樺山館長

テープカットの様子(左から岩切氏、金子会長、麿社長、樺山館長)