印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 外食・中食業界の宅配やテイクアウトに対応したECサイト・通販業務支援システム提供

2020.9.8

大日本印刷は、ECサイト・通販業務支援システム「CommerceLine® SP」に、外食・中食業界向けに、宅配予約や店舗受け取り(テイクアウト)の受付機能を追加した。追加した新機能は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた外出自粛などによってニーズが高まる宅配やテイクアウトに対応したもの。店舗の状況に応じた注文数の上限や受け取り時間の管理が可能で、人手が不足しがちな店舗の業務効率化や新たな顧客の獲得、既存顧客とのエンゲージメント(関係)強化などを支援する。

 

DNP_EC支援

「CommerceLine® SP」のワークフローイメージ

追加した宅配・店舗受取り機能の特長は、店舗ごとに対応可能な注文件数を管理し、注文状況に応じた待ち時間を各店舗で設定することで、顧客の待つ時間を減らし、顧客満足度の向上と店舗スタッフの生産性向上を図る。宅配予約は、自社で配達機能を持ち、宅配サービスを実施している事業者のみ利用可能。

また、多様な外食の業態や複数の外食ブランドを持つチェーン店型の企業の利用も想定し、本部と各店舗の両方に「CommerceLine SP」の利用権限を付与することができる。これによりチェーン店本部で、提供する商品や価格、特定のエリアでの限定キャンペーンを一斉に設定することが可能で、各店舗では状況に応じて受注件数や受け取り時間を個別に設定することができる。

メール配信機能を備えており、誕生日等の顧客の属性や注文頻度などで抽出した顧客に対して、キャンペーン情報やクーポンなどを配信することもできる。