印刷業界ニュース ニュープリネット

設楽印刷機材 自動化・効率化・安定性の新カラーPOD「ColorCleverPressC14000/C12000」

2020.8.12

ColorCleverPressC14000/C12000

ColorCleverPressC14000/C12000

設楽印刷機材は、発売21年目を迎えたColorCleverPressシリーズの新製品としてフルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「ColorCleverPressC14000/C12000」を発売した。

新製品は出力速度が毎分140ページ/A4ヨコのハイスピードヘビープロダクションプリント機。ColorCleverPress史上初となるハイボリューム領域に適応している。

【特徴】

1.自動化(AUTOMATION)

~調整や検品の時間を大幅に短縮。各工程の高度な自動化で稼働率が向上~

①色調調整・表裏見当調整などのマニュアル測定や数値入力が不要に。印刷設定の自動化を実現し、オペレーターの作業工数を削減。

②印刷不具合やナンバリングを印刷中に検査するリアルタイム自動検品機能

③生産性を落とすこと無く、色調や表裏見当をリアルタイムで監視し、自動補正する。

④通紙した用紙の種類や坪量を内蔵センサーにより自動で判別し、標準搭載された用紙プロファイルから候補を提案し、最適な設定を選択出来る。

2.効率化(EFFICIENCY)

~出力性能を最大限に発揮する。ハンドリングの効率化で高まる生産力~

①A4: 140ppm、A3: 80ppm(A4ヨコ・片面時、C14000で印刷の場合)により大ロットでも安定して生産出来る。さらに、52g/㎡から450g/㎡まで用紙厚にかかわらず、等速の生産性を維持。

②給紙容量は、フルオプション構成で最大14,140枚を確保、排紙容量はスタッカー2連結で最大12,000枚を確保。

③業界初となるトリマーユニットTU-510(オプション)により、四方断裁、名刺・カードサイズの断裁や筋入れなどのインライン処理が可能。

3.安定性(STABILITY)

~数々の独自技術や信頼を満たす耐久性。プロフェッショナル品質を安定して生産~

①独自技術による安定した通紙品質。機器内部には、色味を安定制御するIDCセンサーや温度差による色変動を抑止する冷却ファンも標準搭載。

②用紙位置や紙曲がりを高精度に検知するレジスト揺動機構を採用。画像の台形・ひし形などの歪みも補正。両面印刷における表裏見当と印字位置精度も高い安定性で提供。

③16ビームのプリントヘッドを採用し、2,400dpiの高解像度印刷を実現。また、画像処理速度の向上と低温定着が可能な新型トナーにおり高解像度と高スピードを両立。

④普通紙からコート紙、さらにはエンボス紙や封筒なども標準搭載。様々な用紙にあったプロファイルを標準で搭載し、誰でも簡単に最適な用紙設定を選択出来る。