印刷業界ニュース ニュープリネット

日印産連 藤森康彰氏(共同印刷・印刷工業会)が会長に就任

2020.6.16

藤森康彰新会長

藤森康彰新会長

日本印刷産業連合会は6月11日、書面決議で第35回定時総会を開催し、任期満了による役員改選で藤森康彰氏(共同印刷・印刷工業会)を会長に選任した。

 

藤森会長は書面上の就任挨拶で「平成30年から2年間にわたり、当連合会の会長を務めた金子前会長は、『グランドデザイン』実践の指針として、国際社会の共通目標であるSDGsの採用など、広い視野で『グランドデザイン』の深耕に尽力した。業界が抱える様々な課題解決にも強力なリーダーシップを発揮し、『グリーンプリンティング』においては、印刷大手での取得推進により、一層の拡大を図った。また、ネットワーク構築による女性活躍支援、印刷会社主導の地方創生事業などを推進、さらに業界の生産性向上のため、デジタルトランスフォーメーション導入の提唱など、多方面で成果を積み重ねた。

浅野健副会長

浅野健副会長

改めて敬意を表するとともに、心から感謝する。印刷業界は、デジタル化の進展を受け、需要が縮小している。さらに今年度は、環境負荷低減や取引慣行の改善、働き方改革といった従来の課題に、新型コロナウイルス感染症による経済界への深刻な影響が加わり、大変厳しい状況となっている。しかし、環境にある今こそ、幾多の自然災害や景気後退を乗り越えてきた我々会員10団体と関連団体が英知を集め、一つになって難局に立ち向かう時だと考える。共に“ウイズコロナ”“アフターコロナ”の世界を見据え、業界の抱える課題解決と革新に全力で取り組んでいく」と所信を表明した。

 

今年度は、グランドデザインに定めた「新たな価値創出に向けた活動」「適正

滝澤光正副会長

滝澤光正副会長

で誠実な企業行動の推進」「地球環境への高い配慮」「社会に向けた情報受発信の強化」を基本的な指針とし、政府の掲げる「拡大版SDGsアクションプラン2019」も踏まえ、「SDGs推進プロジェクト」と各委員会が連携し、印刷産業の活動に資する事業を推進する。

 

【新役員一覧】(敬称略)

▽会長=藤森康彰(共同印刷・印刷工業会)

▽副会長=浅野健(金羊社・印刷工業会)、滝澤光正(滝澤新聞印刷・全日本印刷工業組合連合会)、小林友也(小林クリエイト・日本フォーム印刷工業連合会)

小林友也副会長

小林友也副会長

▽専務理事=小野隆弘(専従)

▽常務理事=小澤典由(専従)、緒方宏俊(専従)