印刷業界ニュース ニュープリネット

DNP田村プラスチック 新型コロナ対策支援で医療機関にフェイスシールドを寄贈

2020.5.19

左:医療用フェイスシールド、右:装着イメージ

左:医療用フェイスシールド、右:装着イメージ

大日本印刷のグループ会社で、自動車用サイドバイザーやオートバイ用スクリーン等の製造を手掛けるDNP田村プラスチックは、新型コロナウイルス感染症の治療や拡大防止等に従事する医療現場の支援に向けて、医療用フェイスシールドを製造し、地元の小牧市民病院(愛知県小牧市)をはじめとする医療機関に寄贈する。

フェイスシールドの製造にはサイドバイザー等の試作に利用している3Dプリンターを活用。フィルムは、フタムラ化学から無償で提供された。小牧市民病院の職員が試作品を試着し、そのアドバイスをもとに装着感などを改善した。

フェイスシールドは小牧市民病院に100セットを、東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都文京区)に50セットを寄贈する予定。