印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパンフォームズ 基幹工場・滝山工場がグリーンプリンティング認定を取得

2020.4.23

トッパン・フォームズの滝山工場

トッパン・フォームズの滝山工場

トッパン・フォームズは、環境経営や環境に配慮した製品づくりに積極的な印刷関連企業を認定する日本印刷産業連合会(日印産連)が創設した「グリーンプリンティング認定」を取得した。対象事業所は基幹工場の滝山工場(東京都八王子市)。

「グリーンプリンティング認定制度」は印刷産業界の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」を達成した工場・事業所を認定する制度。、環境経営に積極的な印刷関連企業として推奨するとともに、同基準に適合した印刷製品にグリーンプリンティングマーク(GP マーク)を表示することで、環境に配慮した印刷製品が広く普及することを目的に設立された。

グリーンプリンティング認定の対象事業所である滝山工場では、2010 年の竣工当初から、太陽光パネル発電により事務棟の消費電力の一部を賄うとともに、貯留槽に雨水をためての生活用水の有効活用、生産現場の廃インク削減による洗浄溶剤起因のVOC(揮発性有機化合物)発生量削減の徹底など、環境に配慮した生産活動を進めている。