印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 高バリア性・密閉性のセルロースナノファイバー利用の紙コップ、脱プラにも

2020.3.27

「CNFエコフラットカップ」のサンプル(左)と層構成例(右)

「CNFエコフラットカップ」のサンプル(左)と層構成例(右)

凸版印刷は 「セルロースナノファイバー(CNF)」をコーティングした飲料向け紙カップで、 高いバリア性と密閉性を持つ「CNFエコフ ラットカップTM」を開発し、4月からサンプル出荷を開始する。

CNFは、紙の原料となる木の繊維をナノオーダーにまで微細化したバイオマス素材で、「軽くて強い」、「熱変形が小さい」などの特長がある。

同社は日本製紙グループとともに性能改善に取り組み、CNFをコーティングした原紙を使用して高いバリア性を付与。同社の高度な成型技術を活かし、特殊加工を施した完全密閉構造により、 商品の長期保存化を実現した。これにより、 今まで固形食品用途にしか使用できなかったCNFを用いた紙カップが、 飲料などの液体用途としても使用することができる。また、従来の飲料向けプラスチックカップと比較して、 プラスチック使用量を約50%削減することが可能となる。