印刷業界ニュース ニュープリネット

HP B2対応のHP Indigoデジタル印刷機とHP PageWideデジタル輪転機を発表

2020.3.18

hp3HP Inc.(HP)は、新たな商業印刷向けデジタル印刷機を発表した。

「HP Indigo 100K デジタル印刷機」はノンストップ両面印刷を提供。これにより印刷事業者は、月にB2両面を100万枚以上印刷できる。毎時6,000枚の印刷が可能な4色対応機で、オフセットのような操作感で「HP Indigo 10000」シリーズと比べはるかに高い生産性を実現する。高度な用紙搬送技術と正確な位置合わせを可能とするオフセット機構に見られるようなグリッパー搬送設計(gripper-to-gripper)に加え、カラーオートメーション、キャリブレーション、ジョブやメディアの素早い切り替え、5つの給紙ユニットを含むHP Indigo独自の技術により実現した。

「HP Indigo 15K デジタル印刷機」は、高精細印刷とFMスクリーンによる品質の向上に加え、メディア汎用性が増し、オプション機能で最高600ミクロンの厚紙(24ポイント)に対応。また、新HP Indigoエレクトロインキプレミアムホワイトとインビジブルイエローに対応する。新高精細FMストカスティックスクリーンはハーフトーンのテキストをより鮮明する。現行の「HP Indigo 12000 デジタル印刷機」は、「HP Indigo 15K デジタル印刷機」が持つ新機能へのアップグレードが可能。

「HP Indigo 7K デジタル印刷機」は、幅広い高付加価値のデジタルアプリケーションに対応するSRA3+対応のデジタル印刷機。HP Indigo エレクトロインキシルバー、高隠蔽プレミアムホワイト、セキュリティ用途やユニークなアプリケーションに適したインビジブルイエロー、スクラッチアプリケーションに適したイージーリリースインキなどの特殊インキに対応し、最高550ミクロンのメディアをサポートする。各種新機能は「HP Indigo 7000」シリーズの対象機にオプションとして提供する予定。

「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」は、Indigoの品質と生産性を備えたエントリーレベルの印刷機。デジタル印刷への迅速な移行を可能にする経済的で持続可能な選択肢となる。

「HP Indigo 90K デジタル印刷機」は、連続印刷を実現する新たな特許取得済アルゴリズムを採用し、バナー、特大B1ポスター、壁紙などの片面印刷のアプリケーションに対応する。

「HP PrintOSX」は、クラウドアプリケーションを AIを活用したサービスとサポートインフラと統合し、ユーザーが印刷機への投資から最大の利益を得られるよう支援する。PrintOSXの先進技術、ツール、ノウハウをもとに、将来へむけた印刷工場の構築をサポートし、運用の最適化、生産の自動化、高価値アプリケーションの創造を推進する。

新たなフラッグシップ製品である22インチ幅のインクジェット輪転機「HP PageWide Web Press T250 HD」は、「HP Brilliantインク」により、メディア汎用性が増し、大量の商業印刷、出版、トランザクション、ダイレクトメールアプリケーションに適応する。「HP PageWide Web Press T250 HD」の新機能は、アップグレードオプションとしても購入が可能。