印刷業界ニュース ニュープリネット

グーフ セールスフォースとPrint of Thingsが連携、適切なタイミングで個別DM発送

2020.3.16

Print of ThingsとSalesforce Marketing Cloudが連携

Print of ThingsとSalesforce Marketing Cloudが連携(クリックすると図が拡大します)

グーフ(東京都品川区)とディレクタス(東京都品川区)は、グーフの印刷プラットフォーム『Print of Things』とセールスフォース・ドットコムの提供する『Salesforce Marketing Cloud』を連携することができる『PoT Connector』をリリースした。『PoT Connector』でPrint of ThingとSalesforce Marketing Cloudを連携させることで、Salesforce Marketing Cloud 上で設定したカスタマージャーニーに基づき、最適なタイミングでパーソナライズされたDMやカタログを発送することができる。デジタルメディアと紙メディアをシームレスにつなげることで、さまざまなマーケティングチャネルでメッセージを統一することができ、顧客体験が統合され、顧客がどこにいても適切な情報が届く。また、宛先不明で戻ってきた不達情報も自動的にSalesforce Marketing Cloudに戻すことができるため、不達リストへ住所更新案内メールを送るなど、その後のアクションにつなげられる。