印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 ディスプレイ表面に発生するぎらつき現象の光学測定原理を解明

2020.3.5

防眩フィルム搭載ディスプレイ

防眩フィルム搭載ディスプレイ

大日本印刷株式会社(DNP)は、光の映り込みを防ぐ「防眩フィルム」を貼ったディスプレイ表面のぎらつき現象において、今まで比較が困難だった異なる測定装置や測定条件においても、信頼性の高い客観的データの取得に必要な光学測定原理を解明した。これにより、ぎらつき現象を定量的に比較・評価することが可能となり、「防眩フィルム」の開発効率を高めることが可能となった。

ディスプレイは高精細化によりぎらつきが増加する傾向にあり、より正確なぎらつき現象の評価が重要となっている。今後、DNPではこの知見を活用し、顧客の要望や課題を適切かつ迅速に捉え、高精細化が進む大型ディスプレイやモバイル端末、車載向けディスプレイ用に新たな防眩フィルムを提供していく。また、電気・電子技術分野の国際規格の作成を行う国際標準化機関IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)規格化の議論をサポートする知見になることを期待している。