印刷業界ニュース ニュープリネット

【page2020】 トヨテック 印刷前・後加工ソリューション~スキャン、コーティング、製本機

2020.2.3

SURF 3D

SURF 3D

トヨテックはpage2020で、少量多品種・印刷のワンストップソリューションを実現する印刷の前・後加工機を提案する。

ブースにはスキャニングソリューションとして表面の凹凸をスキャンする3Dテクスチャースキャナー「SURF 3D」、コーティングソリューションとしてB2独立2系統コーティングUVコーター「DigiCoater 24R―Duo」、カッティングソリューションとして枚葉タイプの自動給紙付A2カッティングプロッター「DG4060」、ロールtoシートカッター「AR―350NK/450NK」、タブインデックスカッターのオングレマティック「O5―A3」を出展する。また、上製本トータルソリューションとして自動レイフラット製本機「HPB―18」、A4無線綴じPUR製本機「Eco150」、A4無線綴じ水性糊製本機「ECO TOP」、エントリー・ハードカバー作成機のケースマチック「H32プロ」、安全で素早い自動エアー圧着機「AAP―3545」、箔押し・エンボスソリューションとして全自動箔押し機「ASH―4200」、電動箔押し機「マスター プレス EMD」を披露する。

イタリアMETIS社の「SURF 3D」は画像の色彩情報と共に、表面テクスチュア/シボの情報のスキャンができる。デスクに乗る小型サイズで、原稿サイズは最大52㎜×32㎜まで対応する。大サイズの原稿の場合、分割入力をした後に、画像データのつなぎ合わせを行う機能も備えた。

「DigiCoater 24R―Duo」は、最大用紙サイズ630×780mmのB2サイズで、上下に独立したコーティングユニットを持ち、清掃せずに1台でグロスとマットコーティングが可能。

「DG4060」は、A2サイズ近く(400×600mm)までのシール、ラベル、コートボール等の紙器を自動給紙、カット、排紙を高い生産性でカットする。対応する紙厚は0.08~1.0mm(自動給紙)、0.08~2.0mm(手動セット)と幅の広い対応が可能。自動給紙はバキュームパッド方式で幅広い紙厚に対応する。またCCDカメラを使った自動トンボ読み取りで印刷物の高精度な輪郭カットができる。

「AR―350NK/450NK」は、薄い素材のラベル・ロールから厚い素材ロールまで、カットマーク検出、定寸送りと色々なカット方式でシートをカットする。450mm幅対応機と350mm幅対応機を標準機として製作。素材のロールから定寸送りカット、プリント済みロールからカラーセンサーで検出して処理する。コンパクト設計で場所を選ばない。

「O5―A3」は、ルーズリーフのインデックスタブを簡単に制作できる電動式カッター。インデックスの長さはプログラムで調整可能。断裁長さは420mmで断裁厚みはコピー用紙20枚まで対応する。タブの数は2~31。タブ形状は4種類から選べる。特徴はハンドルを押し下げるだけのオペレーション、マグネット式ガイドとサイズ別ルーラーの標準装備、最初のカットをすると次のカット位置に自動移動すること等など。

「HPB―18」は、全自動レイフラット製本機HPB―13Lの後継機。150mm㎜SQサイズから460mmSQサイズまで、最大60mmの厚みまで対応する。プリントをセットするだけで筋押し、折、ページブロック製本をワンパス処理する。

「ECO150」は、A4サイズに対応し、150サイクル/時の生産性を持つ本身自動、ソフトカバー手差しの廉価版PUR無線綴じ製本機。少量多品種に適し、断続的な180度開くフォトブック、マニュアル等の制作に対応した機構を持つ。PUR糊の劣化を防ぐシャッター機構糊シリンダー、完全密閉式糊カートリッジ、ページ厚み違いの自動設定機構等ユニークな機構を採用しているので、少量多品種、断続制作が可能。PUR糊は3週間以上未使用でも問題なく使用できる。

「ECO TOP」は、A3サイズで300サイクル/時間処理が可能で本身自動、ソフトカバー手差しの廉価版PUR無線綴じ製本機。少量多品種に適し、180度開くフォトブック、マニュアル等の制作に対応した機構を持つ。PUR糊の劣化を防ぐシャッター機構、ページ厚み違いの自動設定機構で少量多品種、断続制作が可能。PUR糊は3週間以上未使用で使用できる。

「H32プロ」は、手軽に上製本ハードカバーが作れる手動型のエントリーモデル。コンパクトなテーブルトップタイプで持ち運びが自由。位置決めの楽なライトテーブルは、センターライン、トップライン付き。表紙(タック紙)のずれを防止するエアサクション機構や、確実に背表紙となるボール紙を保持する新設計のアーム、便利なコーナーカッター等を持つ。

「AAP―3545」は油圧のように圧着が強すぎず、ページブロックにちょうど良い強さで自動エアー圧着する。レバー操作によりワンタッチで圧着坂が上下に高速移動する。プレス部はアルミ製なので軽くて丈夫。さらにコンパクトな設計となっている。

「ASH―4200」は、最大102×160mmまでの紙、プラスチック、金属に箔を連続して4,200枚/時の速度で稼働する。オートフィーダーでメディアを搬送、定位置で箔押しし、排出する。ダイカット刃と箔押し版両方を使えばダイカット位置に移動、 箔押し、カット後排出する。押した部分が凹む本格的な箔押しで商品の付加価値が向上する。

「マスター プレス EMD」は、308×218mmの大型ヒーター面積を有す箔押し機。3種類のフレームを標準装備する。窓加工等のダイカッター機能を搭載。用途に応じて20段階の圧着調整ができる。