印刷業界ニュース ニュープリネット

FSCジャパン ボーイスカウト日連とのコラボ企画「フォレストガーディアン」プログラム開始

2020.1.14

sub3-2国際的な森林認証制度FSC(Forest Stewardship Council)の普及啓発を行うFSCジャパン(特定非営利活動法人 日本森林管理協議会)と、青少年の健全育成に寄与することを目的に活動する公益財団法人ボーイスカウト日本連盟は、2018年からスタートし、今年で3年目を迎える 「フォレストガーディアン」を、今年4月からスタートする。同プログラムは、全国の小学3年生から5年生を対象にしたもので、森林の大切さと、未来へ森林を引継ぐために自らができることを学ぶために共同で開発したプログラム。

 

sub4-2「森の守護者」を意味する“フォレストガーディアン”は、 ボーイスカウト日本連盟が推進する特徴的な教育制度の「バッジシステム」の一つで、 子どもたち自身が森林をまもるマークである「FSCマーク」を通して、ボーイスカウトの主な活動場所である森林の大切さや動植物との関係、木材から作られている製品などを学ぶ。 プログラムでは、4つのミッションを全てクリアし、「フォレストガーディアン宣言」として今後自身が頑張って取組んでいきたいことを表明することで、 “フォレストガーディアン”として認定され、その証としてバッジが授与される。

 

詳細はボーイスカウト日本連盟のWebサイトで紹介
(  https://www.scout.or.jp/member/forest_guardian/ )