印刷業界ニュース ニュープリネット

佐川印刷 冊子の可変2面印字システム開発

2020.1.10

佐川印刷(本社:京都府向日市、木下宗昭役会長CEO、木下寧久社長)は、独自に「可変2面印字システム(名入れシステム)」を開発し、運用を開始した。

同社は、従来より雑誌、通販カタログ等の印刷、製本を手掛けているが、「名入 れ」カタログの製本では、その表紙(表1または表4)に印刷を施し、後に製本をおこなうと いうフローが主流だった。 「名入れ」は、代理店の商号や担当者名などを印刷することが多く、その数量もまちまちで、 製本作業で混入のリスクもあり、表紙の管理、製本機のセット替えなど、非常に手間のかかる工程だった。このシステムを使うことにより共通の製本作業を一気に仕上げたあとで個別印字を行うため、予備率の低減も可能でかつ作業効率も上げることができる。このシステムは、あらかじめ作成した名入れデータを、本の①背と②表紙(表または裏)の両方同時または片方に、UVインクジェットプリンタを用いて高解像度で印字をおこなうことが可能で、製本された本以外の箱などにも印字できる。

sakawa通常、インクジェットを使用する場合、本の厚みが変化する と印字ヘッドと対象物の間隔も変化し、高品質の印字は難し かったが、このシステムでは個別設定した本の厚みデ ータにより搬送メカが自動追従しクリアランス調整をおこなう。