印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパン・フォームズ AI画像解析を用いた帳票のデジタル化エンジンを開発

2019.10.24

toppanforms_196845トッパン・フォームズは、AIによる画像解析技術を用いて帳票の画像から枠や線、入力項目などの情報を自動認識し、帳票項目を構造化したデータを生成・出力するエンジン「DeepForms(ディープフォームズ)」をオープンストリームと共同開発した。

 

トッパンフォームズは「DeepForms」を用いて、帳票レイアウトデータやWebフォームの生成、OCR帳票を読み取る定義ファイルの設定などを自動化し、帳票作成の工数削減による業務効率化を支援するサービスを2020年中に開発・提供する。SaaSサービスでの提供や当社ソリューションへの導入などを予定しており、同サービスの提供で顧客先の働き方改革や生産性向上、コスト削減などに貢献していく。

開発した「DeepForms」は、トッパンフォームズが保有する大量の帳票データの学習や、オープンストリームが持つ転移学習をはじめとする最新のディープラーニング技術を活用することで、AIを用いた画像解析技術で80%を超える認識率を実現し、顧客企業の業務に適用可能な高精度を実現している。