印刷業界ニュース ニュープリネット

KOMORI ナノグラフィ技術採用のインプレミアNS40、新和製作所がフィールドテスト実施へ

2019.10.23

40 インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム『インプレミア NS40』

40 インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム『インプレミア NS40』

小森コーポレーション(KOMORI)は新和製作所(埼玉県川越市)と、40 インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム『インプレミア NS40』のフィールドテスト実施に基本合意した。

新和製作所は、クリエイティブなパッケージ、ディスプレイや販促物の企画デザインから印刷、加工、量産納品まで一貫体制を持った製造会社で、年間売上高は32 億円に及ぶ。企画力、設計力、営業力、生産力に優れ、ワンストップ体制での一貫した品質管理と、多種多様な商品を提供している。『インプレミア NS40』はドイツで開催された世界的な印刷機材展drupa2016で技術展示され、来年開催されるdrupa2020で販売開始が予定されているLanda社とのライセンス契約に基づくNanography技術を採用し、KOMORI が長年のオフセット印刷ビジネスで培ってきた技術とノウハウを融合させて開発した40 インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム。

印刷速度は6,500sph 、解像度は1,200dpi, 色数は4 色から7 色まで対応可能で、インラインコーターを搭載し、インラインセンサーによる損紙のリジェクティング機能を備えている。最大紙サイズは 750×1050mm 、紙厚は 0.06mm から0.8mm までの対応が可能で、あらゆるオフセット紙の印刷を特別な前処理なしで可能にしている。