印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷・印刷博物館 現代日本のパッケージ2019~9月28日から

2019.9.3

p&p凸版印刷が運営する印刷博物館 P&Pギャラリーでは、9月28日(土)から「現代日本のパッケージ2019」展を開催する。

身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされている。一見、消費者にはわかりづらいこのような創意工夫は、それを評価するコンクールによって、誰の目にもわかるようになる。

P&Pギャラリーでは日本で開催されている大規模なパッケージコンクールの受賞作を通じて、こうした現代のパッケージのデザインや機能などの進化を消費者に広く周知する機会を設けた。

展示内容は、「第58回ジャパンパッケージングコンペティション」39点の受賞作品、「日本パッケージデザイン大賞2019」40点の受賞作品、「2019日本パッケージングコンテスト」35点。印刷博物館ではこのうちのジャパンスター賞と包装技術賞の一部を紹介する。

・会期:2019年9月28日(土)~12月8日(日)

・会場:印刷博物館 P&Pギャラリー 入場無料

・開館時間:10:00~18:00

・休館日:毎週月曜日(10月14日、11月4日は開館)、10月15日(火)、11月5日(火)