印刷業界ニュース ニュープリネット

富士ゼロックス イリデッセの特殊トナーに「朱赤」の再現が可能な「カスタムレッド」を追加

2019.8.20

プライスカードのサンプル。いずれも手前がカスタムレッドトナーを使用し、奥は比較用にCMYKトナーのみで出力したもの

プライスカードのサンプル。いずれも手前がカスタムレッドトナーを使用し、奥は比較用にCMYKトナーのみで出力したもの

富士フイルムグループの富士ゼロックスは、プロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse(TM) Production Press(以下、イリデッセ)」の特殊トナーとして新たにカスタムレッドトナーを追加し、9月5日から発売する。

 

イリデッセは、高画質かつ高い生産性と信頼性、用紙汎用性を具えるとともに、1パス6色プリントエンジンでCMYKトナーに加えて最大2色の特殊トナーを搭載することで、かつてない豊かな色表現を可能にする。

お祝いの席を演出するランチョンマットやコースター、箸袋のサンプル。カスタムレッドとゴールドの特殊トナーを使用

お祝いの席を演出するランチョンマットやコースター、箸袋のサンプル。カスタムレッドとゴールドの特殊トナーを使用

これまでのゴールドやシルバー、ホワイト、クリアーといった特殊トナーに加えて、今回新たに発売されるカスタムレッドトナーでは、CMYKトナーでは難しかった「朱赤・朱色がかった赤色」の再現が可能になる。これにより、店頭で目を引くPOP広告や表彰状・認定証などに押された印影の表現に活用できるほか、年賀状や慶事を演出する印刷物など、プリントビジネスの提案力拡大に貢献する。