印刷業界ニュース ニュープリネット

総務省 日本の人口は8年連続減の1億2,644万3千人、40道府県で人口減少

2019.4.16

総務省統計局は、人口推計(平成30年10月時点)を発表した。それによると、総人口は1億2,644万3千人で前年に比べて26万3千人減少(0.21%)となり、8年連続の減少となった。日本人人口についても、1億2,421万8千人で,前年に比べ43万人(0.35%)の減少で、8年連続で減少している。

 

(総務省 統計局発表資料から)

(総務省 統計局発表資料から)

年代別にみると、15歳未満人口は1,541万5千人で,前年に比べ17万8千人の減少となり,割合は12.2%で過去最低となっている。また15歳~64歳人口は、7,545万1千人で、前年に比べ51万2千人の減少となり、割合は1950年と同率の59.7%で、比較可能な1950年以降過去最低となっている。

65歳以上人口は、3,557万8千人で、前年に比べ42万6千人の増加となり、割合は28.1%で過去最高となっている。また70歳以上人口は2,621万人で、前年に比べ97万9千人の増加となり、割合は初めて2割を超えた(20.7%)。75歳以上人口は1,797万5千人で、全値に比べ49万3千人の増加となり、初めて65歳以上人口の半数以上となった。

 

出生と死亡による人口の増減でみると、12年連続の自然減少となり、減少幅は拡大している。男女別では、男性は14年連続、女性は10年連続の自然減少となっている。一方、社会増減については、6年連続の社会増加となっている。日本人・外国人の別では、日本人は2年ぶりの社会減少となり、外国人は6年連続の社会増加して、増加幅も拡大している。

 

都道府県別の人口推移については、増加したのは7都県で、東京都が0.72%と最も高い。次いで沖縄県が0.31%、埼玉県が0.28%など。人口増加率は、前年に比べて沖縄県及び神奈川県で拡大した。埼玉県は変わらず、東京都、愛知県、千葉県及び福岡県で縮小している。なお、自然増加は沖縄県のみ。人口が増加した7都県のうち、沖縄県のみが自然増加・社会増加で、他の6都県は自然減少・社会増加だった。
一方、減少した地域は40道府県となり、秋田県(-1.47%)、青森県(-1.22%)など6県において人口減少率が1%を超えている。また人口増減率が前年に比べ拡大したのは31道府県で、うち和歌山県(対前年差0.12ポイント)が最も拡大している。減少率が縮小したのは岐阜県など8県。人口が減少した40道府県は全て自然減少で、うち8府県が社会増加で、他の32道県で社会減少となった。

(総務省統計局 人口推計から)