印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパン・フォームズ 静岡県袋井市に地域支援の一環で歌川広重の保永堂版「東海道五拾三次絵巻」を寄贈

2019.2.18

トッパン・フォームズは、2 月15 日、旧東海道の宿場町の一つである静岡県袋井市に、地域支援の一環として歌川広重の保永堂版「東海道五拾三次絵巻」を寄贈した。

 

左からトッパンフォームズ取締役副社長 亀山明、トッパンフォームズ東海 代表取締役社長 鈴木進、袋井市長 原田英明氏

左からトッパンフォームズ取締役副社長 亀山明、トッパンフォームズ東海 代表取締役社長 鈴木進、袋井市長 原田英明氏

 

保永堂版「東海道五十三次絵巻」

保永堂版「東海道五十三次絵巻」

同社は昨年3月、高精細なデジタル印刷の技術を活かして同製品を制作、販売を開始している。「東海道五拾三次絵巻」は、ボストン美術館に所蔵される高品位の浮世絵原画を復刻し、絵巻物という形態により55 枚の浮世絵を連続して鑑賞することが可能となった製品。

採用した原画の大半を占めるスポルディング・コレクションは、繊細な色彩を持つがゆえに公開展示が禁止されており、原寸大による複製は学術的にも大変価値の高い
ものとされている。今回の寄贈先となった袋井市は、東海道五拾三次の中間点に当たる袋井宿のあった場所で、「東海道どまんなか市」と謳って地域振興を推進している。

2019 年11 月にトッパン・フォームズは新工場を同市にオープンすることにより地方創生を応援していくと同時に、今回の寄贈を通し、日本の古き良き伝統を実感できる教材として、袋井市地域の学校教育や社会人教育に活用されることを願っての寄贈となった。また今後は、他の宿場町に対しても寄贈活動を行い、持続的な文化貢献活動を実施していく予定。