印刷業界ニュース ニュープリネット

武藤工業 フラッグシップ3Dプリンタ「MF-2500EPⅡ」を新発売

2019.1.16

ムトー_MF2500EP2武藤工業は、自社製300℃対応高温ヘッドを搭載したエンジニアリングプラスチック対応FDM方式3Dプリンタの最上位機種「MF-2500EPⅡ」を発売した。

 

「MF-2500EPⅡ」は、同社の自社開発で培った3Dプリンタ製造ノウハウを詰め込んだ3Dプリンタで、強度に優れ、耐熱性など特定の機能を強化しているエンジニアリングプラスチックにも対応する。造詣サイズは X軸300㎜ × Y軸300㎜ × Z軸300㎜ なので、大型造形物を、自社製高温デュアルヘッド(300℃対応)を使って高速に出力できる。

それぞれのヘッドに別々のマテリアルフィラメントを装着することで、芯材と表面材料を使い分けて、造詣製造にかかるコストを低減するほか、2色造詣などが可能なので、利用用途がさらに拡大する。またデュプリケート機能を搭載したことで、造形テーブルの幅を2分割し、2つのヘッドが同時に稼働する。それにより1種類の造形を2つ同時に作成できるなど、造形時間の短縮も可能となる。(この場合の造形サイズはX軸150㎜×Y軸300㎜×Z軸300㎜)

 

今回の新製品の発売に合わせて、新しいエンジニアリングプラスチック材料として、旭化成「ナテック」を使用したポリアセタール(POM)フィラメントと同時発売した。「MF-2500EPⅡ」は高温対応ヘッドをもつことから、従来のPOMを安定的に造形できる3Dプリンタとなる。今回、新発売となったPOMは、添加剤を一切使用していないので、食品安全に関する溶出試験にもクリアしており、厚生労働省告示やFDA、欧州委員会規則等の規制にも適合し、食品加工工程でも使用できる材料。